トップ › ガスを安全に使うには › ガスが出ないとき

ガスを安全に使うには

  • ガスが出ないとき
  • ガスがくさいとき

ガスを安全にお使いいただくには

マイコンメーターをご存知ですか?

マイコンメーターとは、これまでガスメーターにマイコン制御による遮断装置が付いたガスメーターのことをいいます。では、どのようなときにガスを遮断するのか説明いたします。


  • ① 微量なガスもれや器具の口火(種火)の長時間連続使用時
  • ② ガス栓よりゴムホースがはずれたり、ガス器具が接続されていないガス栓を間違ってあけてしまったとき。
  • ③ 器具の消し忘れなどで、長時間連続してガスを使用しているとき
  • ④ ガスを使用中に、大きな地震(震度5以上)を感知したとき。
  • ⑤ ガスを使用中に、ガスの圧力が異常に低下したとき。
①~⑤までの理由でガスが止まっている場合は、左の図のようにランプが赤く点滅しています。そのようなときは、以下のような操作手順でマイコンメータの遮断を解除してください。 注意:ガスが臭いときやガス警報器が鳴ったとき及びマイコンメーターの赤ランプが点滅しているのにガスが使えるようなときはガスの元栓を閉め、当社にすぐご連絡下さい。

  • ご使用になっていたガス機器を止め、ガスの元栓をしめる。(ガスメーターの大元のガス栓は閉めないでください)
  • 復帰ボタンのキャップを取り外す。
  • 復帰ボタンを奥までしっかり押し、すぐ指をはなす。(ボタンを押すと”カチッ”と音がし、赤ランプが再び点灯します)
  • そのまま約3分間お待ちいただき、3分経過後に赤ランプの点滅が消えていればガスがご使用になれます。(3分間にガスがもれがないかマイコンメーターが確認しておりますので、その間はガス器具をご使用にならないで下さい)

以上の復帰操作を行ってもガスがご使用できない場合には当社までご連絡下さい。



  • イベント情報
  • 地域との絆
  • ガスワンキッチンスタジオステラ 料理教室



TOP PAGE